ひげグループとは|株式会社フェローズ

ひげじいの始まり

代表が料理の修行をしながら思い描いていた「自分の地元山形村で、父の作った野菜をふんだんに使ったおいしい料理を食べて欲しい」と2007年の9月にレストランをオープンしました。店名である「ひげじい」は、近所の仲の良かった子供が、代表につけたあだ名から。呼びやすく覚えやすいと言う事から、レストランひげじいという店名になりました。

レストランひげじい

ひげじいのスタイル

様々なスタイルの料理を学びましたが、親子3代で食べられること、ハンバーグやオムライスといった種類の多さ、そして何より自分自身が一番大好きな洋食屋スタイルのお店を選びました。料理に対しても多くのこだわりがありますが、お子様にもちゃんとした食事をしてほしいと言う願いから、お子様メニューには特に気を配っています。

レストランバーくろひげ

ひげじいの仲間達

「お客様に楽しんでいただき、人と人とが触れ合える」をテーマに建てられたレストランひげじい。その後も、お客様の声と自分たちの想いが形になり、2号店「レストランバーくろひげ」、3号店の「喰い飲み処ひげ家」と店舗をオープンさせてきました。

3店舗になっても昔とかわらず、料理とお店へのこだわり・お客様への感謝の気持ちを大切にし、皆様を元気にできる場所であり続けたいと考えています。

レストランひげじい

ひげじいの野菜

より安全・より美味しくを目指し、野菜も自家製栽培しています。また山形村の野菜直売所とひげ家でも、ひげ農場の野菜の販売を行っております。野菜の採れない時期も、県内産にこだわっております。

ひげ農場の野菜

▲このページのTOPへ戻る

  • ひげじい
  • くろひげ
  • ご飯屋
  • ご飯屋
  • ご飯屋
  • ひげデリ
  • ひげ農場